お尻が黒ずむメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
乾燥による黒ずみ

お尻が黒ずむ原因の1つに挙げられるのが、下着の締め付けです。
自分の体型に合っていない下着を着続けてしまうと、お尻部分の皮膚が摩擦によって黒ずんでしまうのです。

皮膚は擦れたり刺激を受けると、メラニン色素という色素を作り出します。

メラニン色素
通常、メラニン色素は肌のターンオーバーの作用によって、古い角質と一緒に剥がれ落ちます。
ですが、きつい下着で毎日のようにお尻の皮膚が擦れていると、メラニン色素の排出が間に合わなくなり結果、黒ずみとなって肌に残ってしまうのです。

摩擦によってできる黒ずみは、摩擦黒皮症という皮膚病となります。

ストッキングやタイツ
小さい下着だけでなく女性の場合、ストッキングやタイツも皮膚を締め付けて摩擦を大きくしてしまうので、お尻の黒ずみに注意しましょう。

この他にお尻の黒ずみを招く原因として、乾燥も挙げられます。
顔の乾燥は気にしても、お尻が乾燥しているかどうか気になる方は少ないでしょう。

皮膚の乾燥が進むとターンオーバーのサイクルが乱れます。

皮膚の乾燥
古い角質が溜まったままになる為、メラニン色素が肌細胞に沈着しやすく黒ずみを起こしやすいのです。
キレイに洗おうとするあまり、お尻をゴシゴシと擦ってしまうと乾燥だけでなく、刺激を与えてしまうので黒ずみができやすくなります。
お尻を洗う際は、刺激や乾燥を引き起こさないよう、優しく洗う事がおすすめです。

また、乾燥による黒ずみの場合、皮膚が茶色っぽくなる以外にも皮膚がゴワゴワと硬くなる傾向にあります。

お尻の黒ずみ解消クリームランキングTOPヘ