お風呂場でできるお尻の黒ずみ対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お風呂場でできるお尻の黒ずみ対策方法

人前に出す事は無いお尻ですが、やはり黒ずみがあると気になるものです。
お尻が黒ずんでしまう原因は色々とありますが、洗い方を間違ってしまうと黒ずみやすいので注意しましょう。

キレイにしようとお尻をゴシゴシ、洗ってしまう方がいますが、この洗い方だと黒ずみができてしまう恐れがあります。

皮膚は摩擦や刺激を受ける事によって、ダメージを受けた部分にメラニン色素を作ります。

ゴシゴシ、洗ってしまう
メラニン色素を生成する事によって、その部分の皮膚を守るのです。
ゴシゴシ擦ってしまうと刺激によって、メラニン色素が作られてしまい黒ずみやすくなります。
特にナイロンタオルを使って洗うと、より刺激からメラニン色素が作られやすくなるので、おすすめできません。
お尻は柔らかいスポンジやタオルで、優しく洗いましょう。

ただ、あまり洗わないという事も黒ずみに繋がります。
十分に洗えていないと毛穴の中に、汚れや皮脂が溜まります。
するとニキビができやすくなり、ニキビの炎症から黒ずみができてしまうケースがあるのです。

洗い過ぎも駄目ですが、洗わなさすぎにも注意する必要があります。

洗わなさすぎにも注意

しっかり洗っていると思っていても、お尻はなかなか確認して洗えないので、汚れが残っている場合もあります。
またボディソープやシャンプー、トリートメントなどが洗い流されておらず、これらに含まれる成分がお尻の毛穴を塞いでしまう事もある為、黒ずみ予防の為にも丁寧に洗い流しましょう。

お尻の黒ずみ解消クリームランキングTOPヘ