さらば!お尻の黒ずみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
乾燥してザラザラした古い角質が残ったまま

お尻については自分では見えないところなので、黒ずみがあっても気づいていない方が多いのではないでしょうか。

自分の身体は前も後ろもいつどこで誰に見られるかわからないので、自分で把握して美を保つことが大切です。

まず、お尻の黒ずみの原因はなんでしょうか。

一つは摩擦などによる色素沈着です。

ずっと座りっぱなしの方は要注意です。

他に締め付けの強い下着も避けなければなりません。

次に考えられるのは、乾燥などの刺激によるものです。

乾燥したり刺激を受けると、お肌は刺激から守ろうとターンオーバーを早めて角質層を厚くしようとするのです。

すると過角化と呼ばれる現象が起こります。

この過角化を防ぐためには保湿がとても大切です。

過角化が進行して黒ずみがある場合にはピーリングをして、しっかりと保湿すると良いです。

私のおすすめの保湿方法は、まずお風呂から上がったらお風呂場の湿気がある中で

クリームを塗りこむことです。

その方が中まで浸透し、乾燥がしにくくなります。

次に、かぶれや炎症を起こすことです。

気づくと大きな吹き出物がお尻にできていることがあります。

この炎症が後々黒ずみとなるのです。恐ろしいです。

かゆかったり、炎症がなかなか治らない場合には皮膚科を受診するのも良さそうです。

他に妊娠や出産、生理不順などの女性ホルモンバランスの乱れや変化によっても黒ずみが出てくるそうです。

女性は大変ですね。

この黒ずみには一番は皮膚科で診てもらうことだと思います。

塗り薬や飲み薬で早めに治せます。

また、ピーリングもいいと思います。

綺麗なお尻を保つためには、日々のお手入れや注意が必要ですね。

お尻の黒ずみ解消TOPヘ