座りっぱなしはお尻の黒ずみの原因になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お尻の血行を悪くする

たまたまお風呂がりに鏡を見て、自分のお尻が黒ずんでいて驚いた事があるという方も少なくありません。
体の中には黒ずみができやすい部位があります。

膝や肘は特に黒ずみができやすい部位です。

気が付いた時には黒ずみが酷く
これらの部位は日頃から目につきやすいという事もあり、黒ずみが酷くなる前に対処しやすいと思います。ですが、お尻となると日々チェックする機会が少ないという事もあり、気が付いた時には黒ずみが酷くなっているというケースが多いのです。

お尻が黒ずんでしまう原因は色々とありますが、

座りっぱなしが多いという方は注意が必要です。

座る時間が多い
デスクワークなど仕事上、座る時間が多いという場合、お尻の皮膚には大きな負荷がかかります。人間の皮膚は負担がかかると、その部分を守ろうとしてメラニン色素を作り出す特性があります。メラニン色素はシミの原因にもなる色素です。このメラニン色素が肌細胞に沈着してしまうと、黒ずみとなります。

座りっぱなしという場合は、メラニン色素による黒ずみがお尻にできやすいのです。またデスクワークだけでなく、

自転車に乗る機会が多い方も刺激によって、お尻が黒ずみやすいと言われています。

自転車に乗る
座る時間が長いケースだと、お尻の角質も厚くなり、ますます黒ずみが酷くなる傾向にあります。仕事上、座る時間が多めという場合は、顔と同じようにお尻もスキンケアしましょう。ケアを続ける事によって黒ずみを解消でき、また新たな黒ずみも予防できます。

お尻の黒ずみ解消クリームランキングTOPヘ