お尻の黒ずみを予防するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
乾燥してザラザラした古い角質が残ったまま

解消方法1 長時間座ることを避ける

体重による圧力刺激を減らすために、長時間座ることをできるだけ避けましょう。

仕事によっては難しいと思いますが、定期的にコーヒーを飲みに立ったり、お手洗いに行く、休憩するなどして身体を動かすようにしましょう。

座ったままでも、足を組み直したり、軽く動かすだけでも効果的です。

足を組み直したり
また、椅子の下に敷くクッションを工夫することで圧迫を軽減できます。

解消方法2 摩擦や乾燥を避ける

ゴム部分の締め付けが強過ぎる下着

摩擦刺激を防ぐために、ゴム部分の締め付けが強過ぎる下着は控えましょう。

また、ご自分の肌に合わない素材の下着は避けてください。肌触りのよい天然素材をおすすめします。

入浴時に、垢スリやスクラブで肌をゴシゴシ擦ることは厳禁です。摩擦により過角化が起きたり、かぶれてしまいます。

柔らかいスポンジや手で、優しく洗ってください。

過角化は乾燥によっても起こります。熱すぎるお湯は肌に必要な油分まで落としますので、寒くても温度設定は40度までにしましょう。

入浴後はしっかりと保湿することが大事です。

また、お尻部分でのカミソリや除毛剤の使用は、十分に気をつけましょう。雑菌が入り、黒ずみ以外の思わぬトラブルにも繋がります。

解消方法3 肌に優しい石鹸や保湿剤を使用する

身体を洗う時はできるだけ石鹸

界面活性剤など、刺激の強い成分が含まれた洗浄剤は、乾燥や炎症を引き起こす原因となります。

身体を洗う時はできるだけ石鹸か、刺激の少ない成分でできたボディソープの使用がおすすめです。

入浴後の保湿も、ご自分の肌に合ったローションやオイル、クリームを選びましょう。

お尻の黒ずみ解消TOPヘ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>